読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VB.NETで作る!

VB.NETに関するあれこれ

Unity(DI) の設定をApp.configから切り離す

UnityのConfigは長くなりがちですよね。 app.configに書くと保守しづらいので外部ファイル化しましょう。

といっても目新しいテクではなく単に SectionInformation.ConfigSource プロパティ (System.Configuration) を使えばいいだけなんですけど。

tnakamura.hatenablog.com

実際に適用してみるとこんな感じのコードになります。

app.config

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<configuration>
  <configSections>
    <section name="unity" type="Microsoft.Practices.Unity.Configuration.UnityConfigurationSection, Microsoft.Practices.Unity.Configuration"/>
  </configSections>
  <unity configSource="unity.config" />
</configuration>

unity.config

<unity xmlns="http://schemas.microsoft.com/practices/2010/unity">
<!--略-->
</unity>

これですっきりしますね。

開発環境、リリース環境の切り替えも簡単になるかも。

. .